広島クッキングスクール+カルチャースクール

教室開催スケジュール
教室見学・お問い合わせ 082-247-7124(月〜木・第3金 9:00〜20:30/金・土 9:00〜17:00)

新着情報

イタリア料理 7月のメニュー

2017年7月11日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・’O scarpariello.
   オ・スカルパリエッロ
・Filetto di maiale alla saltimbocca.
   豚フィレ肉のサルティンボッカ風
・Torta di mousse del lampone.
   ラズベリームースのケーキ

となっております。

 

 

 

【’O scarpariello.  オ・スカルパリエッロ】

シンプルなトマトソースとショートパスタの組み合わせです。本来ならメッツァーニというマカロニ上のものを使いますが、他のものでも代用可です。また仕上げにかけるフレッシュなエクストラヴァージンオリーブオイルの風味を引き立てるにはもってこいのメニューです。

 

【Filetto di maiale alla saltimbocca.   豚フィレ肉のサルティンボッカ風】


サルティンボッカの意味は直訳で「口に飛び込む」です。 ≪Saltim=飛び込む。Bocca=口で。≫

ピアットエスプレッソ!・・・「出来上がって温かいうちにすぐ食べる料理」という意味です。

 

【Torta di mousse del lampone.   ラズベリームースのケーキ】


 
※イタリア料理のクラスではデザートは講師が作って提供します。もちろん生徒さんにレシピはお配りしております。

 

 

 

イタリア料理 6月のメニュー

2017年6月26日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・Pesce fresca tartare al senape con sottaceto di cetriolo
    魚のタルタル・ピクルスとマスタード仕立て

・Spaghetti al crema di zucchini
   ズッキーニクリームのタリアテッレ
・Crafoutis aux Prune
   スモモのクラフティー 

となっております。

 

【Pesce fresca tartare al senape con sottaceto di cetriolo 魚のタルタル・ピクルスとマスタード仕立て】

シマアジやカンパチのような歯ごたえのある魚を使っています。魚、コルニション、エシャロット、タイム、チコリも入れて、セルクルを使って形を整える。周りに葉野菜をあしらって、オリーブオイルをかけたら完成です。

 

 

Spaghetti al crema di zucchini ズッキーニクリームのタリアテッレ】

先生お手製の生パスタを使用してますが、もちろん乾麺等のスパゲティーを使ってもOK!熱を加えたズッキーニ、オリーブオイル、生クリーム、バジルの葉をフードプロセッサに入れてピュレにします。さらにパンチェッタ、ニンニク、タカノツメを入れ最後に茹であがったパスタを入れたら出来上がり(^^)

 

【Crafoutis aux Prune スモモのクラフティー】

作れるようになったらいいなーと思いながらレシピを見ています。(笑)タルト生地に作ったアパレイユを流し込み、160度のオーブンで20分。一旦取り出し、グラニュー糖をまぶしたスモモを並べ、バターを垂らします焼き色を見ながら30分焼けば完成です。美味しかったですよ。

 

※イタリア料理のクラスではデザートは講師が作って提供します。もちろん生徒さんにレシピはお配りしております。

 

 

完成はこちら!

イタリア料理 5月のメニュー

2017年5月8日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・Anatra alla griglia con circondario    鴨ロースのグリル セルクル仕立て
・Pnenne con pistacchi al crema   ペンネのピスタッチオクリームとサルシッチャ

・Torta di mascarpone con frutta   マスカルポーネとキューイのタルト

となっております。

 

 

まずは、生徒さんが作られている所です。
さてどんな料理ができるでしょうか。。。(^^)

 

【Anatra alla griglia con circondario    鴨ロースのグリル セルクル仕立て】

セルクルを使って形を作っていきます。(生徒さんの写真を参考↑)
鴨肉を敷き、葱、チーズ、葉野菜の順で何層かに重ねます。セルクルを抜き出し、周囲にソースを流せば完成です。
 

 

【Pnenne con pistacchi al crema   ペンネのピスタッチオクリームとサルシッチャ】

本日のソースは、、、 フライパンでサルシッチャ(ソーセージ)に美味しそうな焼き色が付いたら、白ワインを入れ、アルコールを飛ばします。生クリームと粗く挽いたピスタッチオを入れ、煮立ったら火を止めて完成です。茹であがったペンネをボールの中でしっかりと絡めましょう。。

 

【Torta di mascarpone con frutta   マスカルポーネとキューイのタルト】

アーモンドクリームの甘味とキューイの酸味が合わさって、とっても美味しいんです。タルトのサクサク感も絶妙でとってもオシャンティー(笑)

 

完成はこちら!

 

 

イタリア料理 4月のメニュー

イタリア料理 今月のメニューは…
・Scaloppine di maiale 豚肩ロース肉のスカロッピーネ
・Strozzapreti con stupro e pancetta 菜の花とパンチェッタのストロツァプレーティ

・Clafoutis a l’Orange オレンジのクラフィティー

 

 

【Scaloppine di maiale 豚肩ロース肉のスカロッピーネ】

豚肩ロース肉は、筋を大まかに切った後、肉たたきで繊維を柔らかくしておく。塩・胡椒・小麦粉をふり、バターとオリーブオイルを入れたフライパンで焼く。さらに白ワインと牛だし(スーゴ・ディ・カルネ)を入れ、最後に冷やしたバターを余熱で溶かしながらソースを肉に絡める。ポイントは熱々のうちにいただくこと!

 

【Strozzapreti con stupro e pancetta 菜の花とパンチェッタのストロツァプレーティ】

ストロッツォプラーティー(生パスタ)は小西先生の手作りです。生地を作り、麺棒で出来るだけ薄く円に伸ばし、2㎝幅に切ってゆく。次に両手の手のひらで、生地をより合わせるようにパスタをねじり、4㎝くらいの長さのところで親指を使って切っていけば完成です。

 

【Clafoutis a l’Orange オレンジのクラフィティー】

ボウルに卵とグラニュー糖を入れて混ぜて漉し、牛乳・生クリーム・オレンジの果汁・バニラビーンズ・塩を入れる。アーモンドプードルを擦り込んだタルト型に流し込み、10分焼く。オレンジの実を並べてまた10分。焼き色を付けるために向きを変えてさらに10分でできあがり。

イタリア料理 3月のメニュー

2017年3月14日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・白身魚のプッタネスカソース

・サラミとチーズのカルッツォーネ
・苺のタルト パティシエクリーム
20170314-1  
      

 

 

【白身魚のプッタネスカソース】
20170314-2
白身魚の下処理は、20分程度牛乳に漬けた後しっかり水分をとり、両面に塩・胡椒をした後、小麦粉を
両面に薄くまぶしつけておきます。トマトソースにアンチョビとにんにく、鷹の爪、ケッパー、オリーブなどを
入れて作る刺激的な味わいの「プッタネスカ」ソースでいただきます。

 

【サラミとチーズのカルッツォーネ】
20170314-3
「カルツォーネ」とは、トマトやモッツァレッラチーズなどの具材を2つ折りにしたピザ生地 で包み、
オーブンやピザ釜で焼いたピザの一種。ミラノ・トスカーナ・ナポリ等のサラミがおススメ。
 

 
 
【苺のタルト パティシエクリーム】
20170314-4
生クリームは予めホイップして冷蔵庫に入れておきます。ボウルに生クリームとグラニュー糖を入れ
氷水に浮かべ、冷やしながら泡だて器で6分立ちのゆるいホイップにしましょう。

 

 

イタリア料理 2月のメニュー

2017年2月14日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
ポルペッテのマルサラソース
・レタスとマッシュルームのスープ
・濃厚チョコレートタルト
20170214-1 
     

 

 

ポルペッテのマルサラソース
20170214-2
ポルペッテ(肉団子)にマルサラソース(イタリアワインのマルサラ酒で作ったソース)かけ。
肉団子をつくる際、パン粉は食パンをフードプロセッサーで細かく挽いたもので良いでしょう。

 

【レタスとマッシュルームのスープ】
20170214-3
レタスの下準備として、たっぷりのお湯に塩を入れ、3分ほど茹でたら冷水にさらし水気をきっておきます。

 
 
【濃厚チョコレートタルト】
20170214-4
チョコレートは製菓用のカカオ分56%以上のものを使用します。
クリームの中にはバニラビーンズ・コーヒー豆を入れ、豊かな香りも楽しめます。

 

 

イタリア料理 1月のメニュー

2017年1月31日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・冬野菜のたっぷりトマトソースパスタ

・白身魚のワイン蒸し
・リンゴのパウンドタルト
20170131-1
    

 

 

【冬野菜のたっぷりトマトソースパスタ】
20170131-2
冬野菜がギュッと甘みを増して美味しくなる季節。今回はブロッコリー・蕪・レンコンを使います。
トマトソースが程よく煮詰まってきたら、茹であがったパスタとパルミジャーノチーズを絡めます。

 

【白身魚のワイン蒸し】
20170131-3
そのまま食べても美味しく、料理に加えれば 奥行きのある味わいに仕上げることが出来る「セミドライトマト」を使ってケッパーのソースを作ります。

 
 
【リンゴのパウンドタルト】
20170131-4
シナモン香るリンゴのタルト。あめ色にトロリと柔らかく煮込んだリンゴのキャラメリゼを均等に
生地へ埋め込み、オーブンで美味しそうな焼き色をつけたら完成です。

 

 

イタリア料理 12月のメニュー

2016年12月13日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・牛ほほ肉の赤ワインシチュー

・グラーノパダーノとレモンのクリームパスタ
・エンガーディナーヌトルテ
20161213-1   

 

 

【牛ほほ肉の赤ワインシチュー】
20161213-2
野菜・牛ほほ肉・月桂樹の葉などに赤ワインを注いで2時間~1晩漬け込みます。
時間がおいしくしてくれる料理は濃厚な味わい。じっくり煮込めば旨みが増します。

 

【グラーノパダーノとレモンのクリームパスタ】
20161213-3
イタリア北部ポー川流域で生産されるハード チーズ「グラーノパダーノ」。
ボウルに生クリームと卵黄を入れてかきまぜ、レモンの皮と果汁、グラーノパダーノ・白胡椒を
加えたソースをつくります。

 
 
  
【エンガーディナーヌトルテ】
20161213-4
スイス東部グラウビュンデン州エンガディン地方の銘菓で、クルミをたっぷり入れて
生キャラメルが詰まった焼き菓子。

 

 

イタリア料理 11月のメニュー

2016年11月15日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・イカの詰め物 トマト煮込み
・生うにソースとカラスミのペペロンチーノ
・洋梨の焼きタルト
20161115-1  

 

 

【イカの詰め物 トマト煮込み】
20161115-2
イカはイタリアでも人気の魚介で、トマトとは好相性の素材!
今回はイカの足とジャガイモを詰めて、トマトで煮込みました。

 

【生うにソースとカラスミのペペロンチーノ】
20161115-3
このパスタをおいしく作るコツは「油のベトベト感」を感じさせないこと。
スパゲティー・オイル・加える茹で汁の量が大切です。

 
 
  
【洋梨の焼きタルト】
20161115-4
20161115-5
洋梨とアーモンドクリームでタルトにします。
生の時とは違う洋梨の濃厚な味が楽しめます。 

 

 

イタリア料理 10月のメニュー

2016年11月1日|Category : イタリア料理

イタリア料理 今月のメニューは…
・秋の恵みとパッパルデッレ
・リヨン
・赤ワインのタルト
20161101-1 

 

 

【秋の恵みとパッパルデッレ】
20161101-2
栗・いろいろきのこ・生サラミとともに。 もっちり食べごたえのあるパッパルデッレ(幅広い
リボン状の形をしたパスタ)をポルチー二茸のもどし汁と生クリームでつくったソースにからめます。

 

【リヨン】
20161101-3
白ワインに漬け込んでおいた豚肉を、ニンニク・タイムと一緒に炒めるフランスの家庭料理。
豚肉がかたくならないように、火加減に注意しながら豚肉においしそうな焼き目をつけましょう。

 
 
  
【赤ワインのタルト】
20161101-4
20161101-5
赤ワインをまぜた生地に細かく刻んだチョコレートを入れて。
ワインにもあう、おしゃれなデザートです。