新着情報

はじめての和食 7月第1週目

【献立表】

柿の葉包み寿司

手羽先の酢煮

モズクと梅の吸い物

キュウリとナスの辛子漬け

豆入り水ようかん

 

 

 

【柿の葉包み寿司】

殺菌効果の謳われる柿の葉は、伸び盛りの今が葉も柔らかく、扱いやすい時です。

湿度の多いこの時期にこそ、是非チャレンジして頂きたい一品です。

酢飯に茗荷と胡瓜も加えて、瑞々しく、彩り爽やかに握りました。

 

 

【手羽先の酢煮】

手羽先は、先に軽く焦げ目を付けておきました。

旬のモロッコいんげんと共に、まろやかな酸味で、さっぱりとした旨味と風味を頂きましょう。

 

 

【モズクと梅の吸い物】

生もずくはさっと洗うようにして、独特のぬめりを損なわないようにしてください。

磯の香りと栄養価がふんだんに含まれた椀に、梅の酸味をプラスしました。

 

 

【キュウリとナスの辛子漬け】

夏野菜がいよいよ本番を迎えますね。

辛味の強い和辛子を加えて、食欲をしっかり引出して行きましょう。

 

 

【豆入り水ようかん】

「水ようかん」の意識も広がる、おすすめの一品です。

秘密は、こしあんに加えた生クリーム。意外な組み合わせが定番になるかも…。

ミニトマトもコンポートにして、酸味もしっかり、夏のデザートの顔ですね。

 

 

完成はこちら!

食欲の落ちる蒸し暑さですが、食材のもつさまざまな酸味を利用して、夏の食卓を工夫出来ると良いですね。

 

はじめての和食 6月第3週目

【献立表】

ナスと鶏つくねの煮物
雷こんにゃく
パプリカの揚げ漬け
冷や汁

 

【ナスと鶏つくねの煮物】

今回は水からつくねを煮はじめます。

鶏からじっくりと旨味が出て、お野菜にも浸み込みます。

 

 

【雷こんにゃく】

格子状に美しく切り目を入れたこんにゃくを、バチバチッと雷のような音を立てて煎り付けます。

ピリッとした辛味とともに、涼を運ぶ夏の夕立を恋しく想いました(^^)

 

 

【パプリカの揚げ漬け】

肉厚でしっかりと食べごたえのあるパプリカは、彩りも様々。

お好みの夏の元気色を、食卓に迎えましょう。

 

 

【冷や汁】

古くから夏バテ対策に取り入れられた、手間暇掛けた家庭ならではの優しいお料理ですね。

今日はアジの干物とイリコを使って作りました。

しっかりと擂り伸ばして、のどごしは冷たくさらさらと、滋養はたっぷりと摂り込んでください。

 

 

 

今日の献立のテーマは、全て調理の過程でお出汁が出るものです。

予めお出汁を取る事はとても大切なことですが、素材から出る旨味を上手に計算出来れば、またひとつお料理が楽しくなりますね。

 

 

 

 

はじめての和食 6月第1週目

2018年6月6日|Category : はじめての和食

【献立表】 

いさきの山椒煮
水菜と赤いじゃがいものさくさくサラダ
ズッキーニと押し麦の味噌汁
和風ピクルス

 

 

【いさきの山椒煮】

「梅雨イサキ」と呼ばれるいさきに、モロッコ豆とごぼうを添えました。

甘めの煮汁に、カリッとはじけるこの時期だけの青実山椒の辛味が、互いの旬を引き立てます。

 

 

 

【水菜と赤いじゃがいものさくさくサラダ】

「ドラゴンレッド」は、長崎で改良された国産赤じゃがいもです。

アントシアニンをたっぷり含み、皮だけでなく肉までが赤く、フライにしても鮮やかなレッドが際立ちます。

パリパリ感を楽しむなら、レモンとお塩を食べる直前にどうぞ!

 

 

 

【ズッキーニと押し麦の味噌汁】

もはや、和食でもなじまれて来ているズッキーニですが、まだまだ用途は広がります。

かぼちゃの仲間ですので、旨味もありしっとりとしていて、且つ美しいグリーンが保てます。

押し麦を柔らかく煮て、食物繊維もしっかりと加えました。

 

 

 

【和風ピクルス】

大根、胡瓜、人参を一晩漬け込んで、浅漬け感覚のピクルスにしました。

廿日大根の赤色が馴染み、ほんのりピンク色に仕上がりましたね。

 

 

 

完成はこちら!

蒸し暑さを覚える季節には、ちゃんと瑞々しい食材たちが旬を迎えています。

自然からミネラルを取り込んだ元気いっぱいの素材を使って、梅雨ならではの献立を楽しんでください。

 

はじめての和食 第3週目のメニュー

2018年5月23日|Category : はじめての和食

【献立表】 

鶏モモ肉の甘酢ソースがけ
鶏ハムとひじきのサラダ
丸ごとトマトの出汁風味
大豆の優しいスープ
 

 

【鶏モモ肉の甘酢ソースがけ】

「新生姜の甘酢漬け」は作られましたか?この漬けだれを利用したソースのご紹介です。焼き汁と合わせた、生姜の旨味たっぷりの甘酢ソースを掛けました。そして、このメニューで目が釘付けになるのは、たっぷりと盛ったパセリの「GREEN」です。彩り美しいだけでなく、この時期栄養価がぐんと増します。この個性が思わぬ好相性!苦手意識を取り除いて、是非、森のようにこんもりと載せてみてください!!

 


【鶏ハムとひじきのサラダ】


鶏ハムは思い切って細く棒状に揃えてください。テーマは「BLACK」。黒酢を隠し味にコクのあるドレッシングで和えました。サラダを超える一品です。

 

 

【丸ごとトマトの出汁風味】


この美しい天然の「RED」…。見惚れてしまいますよね。出汁ごと冷まして、大葉でちょっと遊び心を加えました。これからの季節は、汗を補います。冷たく冷やしていただきましょう。

 

 

【大豆の優しいスープ】

新じゃがいも、新玉ねぎをベースに、ペースト状にした大豆を加えて静かに煮ます。お腹に優しく、加減はひとつまみのお塩だけ。ガリガリッと「黒」胡椒を効かせましょう。

 

 

完成はこちら!

お気付きいだだけましたか???今回のテーマは「緑・赤・黒」。暑い季節のやって来る前に、食から体調を整えてくださいね。

 

はじめての和食 5月第1週目のメニュー

2018年5月7日|Category : はじめての和食

【献立表】 

茶そばサラダ
そら豆と焼きエビのサクサクかき揚げ
貝柱としょうがのごはん
蕨(わらび)と南関あげの味噌汁
水切りヨーグルトの和風デザート

 

 

【茶そばサラダ】


茶そばは短くして、野菜や鶏ささみとしっかり和えました。

たっぷりのごちそうサラダが、さらさらっといただけます。

 

【そら豆と焼きエビのサクサクかき揚げ】


そら豆は、ほんの少しだけ茹でておきました。

焼きエビの塩加減と香ばしさが更に引き出され、かき揚げの風味を増大させます。

 

 

【貝柱としょうがのごはん】


ほぐしたホタテを缶汁ごと用いて、旨味を余すところなく閉じ込めました。

千切り生姜がピリリと引き締めます。

 

 

【蕨(わらび)と南関あげの味噌汁】


蕨はシャキシャキ感を損なわない程度に、一晩灰汁抜きします。

熊本名産「南関(なんかん)あげ」は、長期保存可能な乾燥揚げです。

出汁をしっかりと吸い込んで、お揚げの旨味もたっぷりと出します。

 

 

【水切りヨーグルトの和風デザート】

プレーンヨーグルトもじっくり水切りすれば、表情が変わります。

甘味はゆで小豆と抹茶蜜。たわわに実った木苺を載せました。

お気に入りのデザートがまた一つ増えそうです。

 

 

完成はこちら!

たくさんのお野菜も、さっぱりとバランス良く摂れそうです。

 

はじめての和食 4月第3週目のメニュー

2018年4月18日|Category : はじめての和食

【献立表】 

春キャベツの肉みそあんかけ
たけのこの土佐煮
春雨の酢の物
アスパラとじゃがいものすり流し(和風ポタージュ)

 

【春キャベツの肉みそあんかけ】

香ばしく焼き付けた春キャベツの甘さが、何より主役級のメイン皿です。

生姜の効いた肉みそで、キャベツがあっという間です。

 

【たけのこの土佐煮】


新鮮な筍があれば、もうそれだけで!

短時間でもジューシーで、旨味いっぱいの土佐煮に仕上がります。

 

 

【春雨の酢の物】


胡瓜、ハム、キクラゲも美しく切り揃えて、やさしい「春の雨」を想います。

 

 

【アスパラとじゃがいものすり流し(和風ポタージュ)】

豆乳とだし汁を使うことで、ミルク感はひかえめに。

これまでにないグリーンアスパラのコクに脱帽します。

 

 

完成はこちら!

大地の芽生えを、食卓からもダイレクトに感じとれる、心地よい春の季節ですね。

はじめての和食 4月第1週目のメニュー

【献立表】 

あさりごはん
ふきと豚ばら肉の信田巻き
新玉ねぎとスナップえんどうの味噌汁
ブロッコリーとイカの黄身酢和え
はっさくとイチゴのシロップづけ

 

【あさりごはん】

春が旬のあさりは、砂抜きし、しっかりとこすり洗いしてください。

蒸し汁のみを加えて炊き、むき身は混ぜ込むことで、ふっくらと美味しく頂けます。

 

 

ふきと豚ばら肉の信田巻き】

油抜きした油揚げに、豚バラをしのばせて巻き込みました。

お味は極ひかえめに。ふきの苦みと香りを楽しんでください。

 

 

新玉ねぎとスナップえんどうの味噌汁】

この時期ならではの、新玉ねぎとスナップえんどう。

お互いの甘味を存分に味わえるお椀です。

 

 

ブロッコリーとイカの黄身酢和え】

この黄身酢のぽってりとした絶妙なとろみ加減は、火から下ろすタイミングです。

余熱でも火が通ることを考えて、緩め加減にし、乾かさないように粗熱をとりましょう。

 

 

はっさくとイチゴのシロップづけ】

食べ頃を迎える八朔は、ひと手間かけてひとつひとつ房から取り出します。

旬のいちごと甘味を合わせて、じっくりと一晩置くと、酸味もまろやかなデザートになりました。

 

 

完成はこちら!

苦味から甘味へ、季節の移り変わりも楽しんで味わって下さい。

はじめての和食 3月第3週目のメニュー

2018年3月20日|Category : はじめての和食

【献立表】 

えびそぼろのちらし寿司
ハムとほうれん草の変わり白和え
鶏ひき肉の蒸し汁
春キャベツとアボガドのわさび醤油和え

 

【えびそぼろのちらし寿司】

一尾一尾のえびを、丁寧にそぼろにしていきました。ぎっしりと敷き詰めて、ほんのりピンクが美しい、ごちそうちらし寿司です。

 

【ハムとほうれん草の変わり白和え】

和え衣の隠し味は、子供たちの大好きなマヨネーズです。ふわふわの新玉ねぎとロースハムで、サラダ感覚の白和えに仕上げました。

 

【鶏ひき肉の蒸し汁】

ぎりぎりまで、とろっとろに練り上げたねたを蒸し上げると… あら不思議!! 旨味たっぷりのスープの上に、ぽっかりと、ふわふわの鶏団子が浮かんでいます。家族みんなの笑顔がうかぶ、楽しいスープです。

 

【春キャベツとアボガドのわさび醤油和え】

さっと茹でた、つやつやと柔らかな春キャベツと、しっとりとしたアボガドの、美しいグリーンの饗宴です。わさびの薫りも効かせました。

 

完成はこちら!!

さくら色や、新緑のグリーン。ふわふわと春風をまとうような、やさしい献立になりました。

 

 

 

はじめての和食 3月第1週目のメニュー

2018年3月7日|Category : はじめての和食

【献立表】 

山菜とさよりの天ぷら
うどの皮と人参のきんぴら
アサリとトマトの味噌汁
雑穀ごはん
和風ピクルス
簡単よもぎ白玉団子

 

【山菜とさよりの天ぷら】

蕗の薹、うど、菜の花、そしてサヨリ。

春一番の繊細な苦みは、サクッとかる~く揚げて堪能しましょう。

天つゆに、抹茶塩も添えました。

 

【うどの皮と人参のきんぴら】

ウドは余すところなくいただきましょう。

いつもとはひと味違う、香りの良い春の小鉢です。

 

【アサリとトマトの味噌汁】

フレッシュでカラフルなトマトの酸味が、潮の旨味をまた一段アップさせるとは。

意外な組み合わせも、春のわくわくを表現するようです。

 

【雑穀ごはん】

【和風ピクルス】

ひとさじ加えた雑穀で、見た目も楽しく、いつものご飯にぐんと栄養価が加わります。

甘酢のピクルスは、常備すれば毎日の食卓を彩り華やかにしてくれます。

 

【簡単よもぎ白玉団子】

柔らかなよもぎの新芽が、あちこちに見受けられる季節です。

せっかくですから、春の香りを取り込みましょう。

すりつぶして白玉粉に練り込みました。芳しく美しいグリーンが春を連れて来ます。

きな粉や、あんと一緒にどうぞ。

 

完成はこちら!!

春のおとずれを、しっかり取り込めた献立になりました。

はじめての和食 2月第1週目のメニュー

2018年2月6日|Category : はじめての和食

【献立表】 

豚ロースと豆腐のかぶら蒸し
菜花とワカメのからし酢味噌和え
稲荷寿司と細巻き
しじみ汁

 

 

【豚ロースと豆腐のかぶら蒸し】

かぶは皮のまますりおろし、長芋とふんわり合わせます。

熱々のあんとわさびで、芯から温まりましょう。

 

 

【菜花とワカメのからし酢味噌和え】

菜花からは目を離さないで!茎と穂先をきちんと分けて、そっと茹でましょう。

里と海の春を先取りです。

 

 

【稲荷寿司と細巻き】

すし飯はかる~く握って載せて行きましょう。

お揚げのじゅわっとした甘さも、焼き海苔の香ばしさもどちらもいただきます♡

 

 

【しじみ汁】

ほんの少しのお塩とお醤油で、しじみパワーがぐんと引き出せます。

 

完成はこちら!

 


PageUP